株式会社野武士

Home > 代表メッセージ

代表メッセージ

【マーケティングの自立を、マーケティングで成長を】



-「マーケティング」のハードルを壊すことで次の成長を-


「マーケティング」「デジタルマーケティング」という言葉が飛び交う昨今、各企業でその言葉を軸にツールの導入や、パートナー会社との連携、果ては各種メディアが登場してきました。
…が、あくまでこれは都市部の話で、地方においてはまだこういった領域に未着手、ましてや言葉の観点すらない、知る機会が少ない状況です。
デジタル領域の発展によりマーケティングの仕組化、そのハードルは一層下がったと言われますが、そもそも「情報」自体が少ないのが現実であり、届く情報も大手企業のものが多く「ハードルが高いもの」と思われることも多々あります。
またこれは地方に限らず、都市部の企業においても大なり小なり同様で、企業規模や組んでいるパートナーの考え方によって情報の確保は差が表れ、結果競争力の差異が生まれております。
いわゆる企業のマーケティング業務経験者及び地方出身者のメンバーを多く抱えた弊社としては上記のような状況を少しでも打破することをミッションとしており、

  1. 多方面からの情報の提供
  2. 規模に合わせた仕組化の支援
  3. 地方における人材の育成

これらを軸にした事業を展開することで

  1. 仕組化が為されていないお客様に対してはまず成功体験を提供することで「マーケティング」の重要性を知るきっかけを
  2. 仕組化をしたいが相談先や方向性がわからないお客様に対しては情報と道筋の提供を
  3. 人材が不足しているお客様に対しては地方においてマーケティングスキルを積んだ人材を育成することで人材の提供を

上記のような結果を提供し、更なる発展をご支援できればと思います。

-「マーケティング」を通して自己の成長を-


企業様に対しては上記の通りですが一方「人」に対してもこれは同じ状況です。
都市部では新卒採用等で「マーケター」及びそこに付随する職種の募集はメジャーになっておりますが、地方においてはこの職種自体の知名度自体が少ないことも多々あります。
都市部では人手が不足していると言われておりますが、そもそも地方では学ぶ環境以前に明確な職種としての「マーケティング」はまだまだ少ない状況であり、働く場所自体も最近になって都市部の企業の一部組織が地方に展開され始めた程度です。
弊社としては地方に眠っている人材に対して地方にオフィスを置くことで当該職種の認知の向上及び育成による、慢性的な人材不足への対策は勿論、この職種自体が地方の人材が単純に経済活動を活発にさせる為にも重要な職種、スキルであると考えている為、育成を通して今後のマーケティングの仕組化に寄与できればと考えております。
人に対しても企業に対しても場所を問わず、適正な形で「マーケティング」という体験と力を。
その為に野武士は尽力していく所存です。

株式会社野武士
代表取締役 萩野 良輔